紀陽情報システム株式会社

コラム

仏さまいろいろ

今年の大河ドラマ『風林火山』。ところどころに、「摩利支天(まりしてん)」が出てきましたよね。主人公山本勘助の守り本尊として描かれています。片や、長尾影虎(上杉謙信)は、自分を「毘沙門天(びしゃもんてん)」の生まれ変わりと信じていたらしい。はてさて、「摩利支天」ていったい何?本尊と言うからには仏さま?「毘沙門天」なら聞いたことがあるけれど・・・。
そこで、「摩利支天」から始まって、仏さまのいろいろについて調べたことを、ご紹介したいと思います。

「摩利支天」の摩利支というのは、太陽や月の光を意味し、光の揺らめき(陽炎)は実体がないので、捕まえられることもなく、傷つけられることもないということから、中世には、武士の間で摩利支天信仰が広まったと言われています。また、「毘沙門天」は多聞天(たもんてん)とも呼ばれ、持国天(じこくてん)、広目天(こうもくてん)、増長天(ぞうじょうてん)とともに、武神である四天王のひとつです。

摩利支天像画像



「摩利支天像」 : 高野山 円通寺所有の重文「十巻抄」から
(財団法人和歌山文化財保存会「高野山霊宝館」)


さて、その「摩利支天」と「毘沙門天」ですが、もともと古代インドのバラモン教などの神であったものが、仏教に吸収されて、守護神仏の一種となりました。調べてみると、仏さまにはいろいろな種類があるのですね。大きくは、如来(にょらい)、菩薩(ぼさつ)、明王(みょうおう)、天(てん)の4つです。「摩利支天」と「毘沙門天」は、天に属する仏さまです。他には、寅さんでおなじみの「帝釈天(たいしゃくてん)」、足が速い人の例えにされる「韋駄天(いだてん)」、それから、お寺の山門に立っている仁王さん(金剛力士)も天の一種です。

では、如来や菩薩、明王はどんな仏さまかと言うと・・・

如来・・・悟りの世界から来た者。狭い意味での仏さまは如来だけです。

  • 釈迦如来(しゃかにょらい)
    仏教の開祖ブッダのことで、日本ではお釈迦様と呼ばれています。
  • 阿弥陀如来(あみだにょらい)
    極楽浄土へ導いてくれる仏さま。宇治平等院鳳凰堂の阿弥陀如来が有名ですね。

菩薩・・・如来となるべく、自らのためだけでなく、人々のためにも修行をする者のことです。

  • 弥勒菩薩(みろくぼさつ)
    釈迦の死後の未来の世界に現れ、釈迦が救いきれなかった人々を助けます。
  • 観音菩薩(かんのんぼさつ)
    大きな慈悲によって、苦しむ人々を平等に救ってくれます。西国三十三ヵ所めぐりは観音菩薩巡礼の旅ですね。

明王・・・如来の教えに従わない悪者を威嚇し、救済するために力づくでも仏の教えに導こうとする者のことです。

  • 不動明王(ふどうみょうおう)
    お不動さんとして親しまれている不動明王が、明王のひとつです。

私など、特に篤い信仰心を持っているわけではないけれど、お寺参りをして、仏像に向き合うと、心洗われる気がするのは気のせいでしょうか。菩薩は一般に、優しく人を導くことが多いのですが、優しくされるより厳しい言葉を言ってもらったほうが救われることもあるもので、そんな時は、お不動さんにお参りするのがいいかも知れませんね。
山本勘助も、揺れる心を律するために、菩薩相、天童女相、亥相、三つの顔を持つ「摩利支天」を持仏にしていたのかも知れません。

2007/12/25 Posted by K.K.