紀陽情報システム株式会社

コラム

潮風に誘われて

唐突ですが、和歌山県下に海に面している市町村がどれだけあるかご存じですか?
(答え:和歌山県下30市町村のうち、海に面しているのは18市町)

私が生まれ育った町もこの6割の中にあります。
幼少の頃(30年近く前になりますが)、小学校から帰ってから、夕日が沈むまでよく近くの海で遊んでいました。休日には朝から弁当片手に、潮風に誘われるように海岸を目指して自転車をこぎ、魚釣りや貝殻拾いに没頭したものです。(一人で行くこともしばしば。)とにかく海が好きでした。(右写真提供:和歌山県)

いつの頃からか魚釣りもしなくなり、社会人になってからもこれといった趣味を持たずに過ごしていたのですが、このまま無趣味で長い人生を過ごすのは勿体ないという思いで、数年前からとりあえず昔を思い出しながら子供と魚釣りに出かけるようになりました。子供も興味を示し、毎週のように近くの防波堤や釣り公園へ出かけお手軽なフィッシングを楽しんでいました。
お手軽なフィッシングで十分楽しかったのです...あの感覚を味わうまでは...

同僚が「磯釣り」とやらの話を楽しそうにしているのを聞いて、一度やってみたくなり同行させてもらいました。夜が明ける前に渡船で大海原に浮かぶ磯に渡り、朝日を浴びながら、冷たい潮風を頬に受け、広〜い海に釣り糸を垂らし、ひたすらキラキラ光る海面を集中して眺める。磯の香り、波の音、風の音が混じる中で、なんだか自然の中に自分が溶け込んでいくような感覚を覚え、心が癒される一時でした。さらに、まぐれで魚が釣れ、その強い引きにすっかり心を奪われてしまい、以来、この「磯釣り」とやらにはまってしまったのです。

自然の中で日常の雑踏を忘れ、夢中に「狙いの魚」を釣ろうと普段の仕事以上?に頭を使って、海の中をイメージしながら、仕掛けをあれこれ替えて頑張りますが、これがなかなか釣れません。・・・が、釣れなくても楽しいんです!!

この趣味のおかげで、仕事を忘れて頭(心)をリフレッシュする時間がつくれ、心にゆとりを持って仕事に取り組めるようになったように感じます。


そう自分に言い聞かせ、今週もまた潮風に誘われて海へ・・・。

2009/02/23 Posted by M.K.