紀陽情報システム株式会社

コラム

音楽との触れ合い

社会人になり、数年経った頃に家庭を持ち子宝にも恵まれ、14年が過ぎた頃から始まった音楽との触れ合いについて話をさせていただきます。

結婚して子供中心の生活となり、いつしか流行の歌や音楽に鈍感になり、自他共に認めるオジサン街道をまっしぐらに突き進んでいたのですが、それは2年前に巡って来ました。娘が中学校に入学し、吹奏楽の倶楽部活動を始めたよ!との家内の話を聞き、どうせ長続きせず帰宅部になるだろうから一度聴きに行ってみるか!と思い、出かけたのがキッカケでした。
はや2年経過し、3年生の今も継続し、盆・正月・テスト期間の年に数日の休み以外土曜も日曜も関係なくほぼ毎日倶楽部活動に精を出す姿には頭が下がる思いです。また、演奏会やチャリティコンサートには、家族揃って足繁く通っているのが我ながら信じられないのですが、心地良いひとときなのです。

さすがに中学生の吹奏楽部であり、あちこちから”ピー”等の下手な音が飛び交っているのですが、プロのコンサート等では感じたことの無い感覚で、実に心地良い音楽です。
”日本酒を飲みながら聞きたい!!”と思っているのは私だけでしょうか?
”日本酒を飲むと危ないからダメ!”との同輩諸君の声が聞こえて来るようですが・・・

吹奏楽部の1年の行事としては、以下のようなスケジュールとなっているようです。

3月
<中学校区内の各小学生向けの触れ合いコンサート>
中学校の体育館で身近に聴け、流行の曲を中心に小学生を飽きさせない構成。おじさんは置き去りになっていますが。
4月
<新入生向けのウェルカムコンサート>
内容不明、平日開かれ保護者の参加は無いようです。残念!見に行けば不審者通報されること間違いなし。
<スチューデント・ジャズフェスティバルin片男波>
和歌浦の片男波海水浴場の野外音楽ホールで開かれるフェスティバル。映画のスウィングガールズのモデルとなった高校も2年連続で参加しています。さすがに質の高い演奏となっています。この日は、生徒の送迎係のため、一日中和歌浦に出没していました。
5月
<和歌山音楽大行進>
和歌山城周辺で開かれるマーチングフェスティバルのことで、今年はあいにくの雨でした。
6月
<ユニセフ難民救済チャリティーコンサート>
地元の中学校・高校の吹奏楽部、アマチュアの吹奏楽団、某郵便局の元旦配達出発式に出演するなど有名な学校の参加があり質の高さに感動しました。
8月
<県吹奏楽コンクール>
今年は、8月8日(土)に和歌山県民文化会館で開かれました。
10月
<定期演奏会>
3年生の引退コンサートとなります。後輩から3年生一人一人にこれまでの感謝の言葉があり、感動の場面です。今年はサングラス持参で聴きに行く予定です。

定期演奏会写真



上記のようなスケジュールで、他校も含め幅広い音楽が聴け、楽しみなひとときとなっています。最初は娘の一生懸命に演奏する姿に感動し、最近では全く関係の無い学校の演奏会にも足を運び感動している今日この頃です。娘も高校に進学しても吹奏楽を続けるようなので、しばらくの間こういった演奏会に出没しようと企んでいます。

何事にも真剣に取り組み、努力を重ねることの重要性をこれらの中高生を見ていて感じることができ、このような時を糧にして仕事に取り組んで行こうと勇気付けられます。
皆さんも身近な中高生の吹奏楽演奏会に一度足を運ばれてはどうでしょうか?気分転換(リフレッシュ)出来たり、感動する事も沢山あると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。機会があれば続編をお楽しみに!

2009/08/14 Posted by T.N.