紀陽情報システム株式会社

コラム

歩けや歩け

ジョギング今年の夏はことのほか暑かったですね。クーラーの利いた部屋でじっとしていることが多くて、暑い所にいると清涼飲料水をたくさん飲むという日々を過ごしていました。そんな夏も終盤に入った8月の終わりに、体調の異変が始まりました。症状としては、めまいが週1回くらいのペースで起こるようになったのです。今までめまいなんて、なったことないのに・・・。いちばんヒドイ時は、とうとう嘔吐してしまいました。ショックでしたね。

医者に相談しても原因は良く判りません。思い当たる節はと言えば、、、体重の増加でした。もともと身長170センチから見て、適正体重は65キロです。従来は67キロ程度で安定していたのですが、今年は猛暑の間に72キロまで増加していました。「これはきっと運動不足と摂取カロリー過多で体重が増加し、それに伴って血圧が上昇したのが原因だろう。」このように仮説をたてて、対策を考えました。

運動不足を解消するにはどうするか?何かカラダを動かすことをするしかないのですが、40代も後半になったオジサンには激しい運動は無理があります。結局歩くしかないと判断しました。こうして9月から毎日、仕事を終えて帰宅し夕食を食べてから、近所を30分程度歩き始めました。体重を気にしていた奥さんも一緒に歩きます。時間帯で言うと夜の9時半から10時ですね。車道の端も歩くので、安全のために懐中電灯を持っています。たかが30分と思っていましたが、いざ早足で歩くと終わり頃には息が上がってきます。意志薄弱なので三日坊主にならないか心配でしたが、筋肉痛や疲れが残ることもなかったので、挫折することなく継続できました。ところが体重は、なかなか減らなかったんです。1ヶ月経っても70キロより体重が減りません。実は食事に関しては特段の制限はしていません。食べすぎ・飲みすぎをしないように、夕食後の間食は控えるように気を付けているくらいです。つまり摂取カロリーは従来通りで、運動によるカロリー消費を増やして体重を減らそうとしているのです。歩いても体重がなかなか減らなかったのは、運動をしても筋肉の量が少ない為に、脂肪を十分に燃焼できていなかったことが原因のようです。

ジョギング歩き始めて1ヶ月を過ぎた頃、体重は減らないものの、カラダに変化が見られるようになってきました。体つきが締まってきて、歩いていると脚全体・お尻・胸・腹・背中といった、全身の筋肉の動きを意識できるようになってきたのです。これは筋肉の量が増えてきたことを示しています。この頃から体重の減り方が、はっきり分かるようになりました。なかなか突破できなかった70キロの壁を越えて、着実に減ってきました。歩き始めてほぼ2ヶ月経った現在、68.8キロまできています。最終目標は適正体重の65キロですが、十分に達成できると感じています。何よりありがたいことは、毎日歩き出してからめまいが起こらなくなったことです。血圧はまだまだ高いのですが、突然のめまいに襲われる恐怖がなくなったのは大きいですね。

働くオジサン・オニイサン・オネエサンもぜひ!運動不足や体調管理に、身近なところから始めてみませんか?

2010/11/17 Posted by Y.I.