紀陽情報システム株式会社

コラム

お父さんのための夏休み宿題解決法

ひまわり 7月の声を聞くと、子供たちは夏休みが近づき浮かれてきます。一方で親たちは、子供たちの「どっかにつれていけ」攻撃や「自由研究何しよう」「工作何作ろう」攻撃に、さらされることとなります。そんな時に我が家では、部屋の隅に積んだままになっているあるものが掘り返されます。そのあるものとは、毎月町内で配られている「県民の友」と「市報わかやま」です。ここに掲載されている「お知らせ」や「施設案内」のコーナーには、小学生程度を対象としたイベントがたくさん掲載されています。ここで掲載されているイベントが、意外と夏休みの自由研究や工作に使えます。もし気に入ったものがなければ、新聞に入っているタウン情報誌を見たり、県内の少年自然の家や青少年の家、子供科学館等の公共施設のホームページで探します。

気に入ったイベントを見つけたら、次は予約です。ここで大きな壁があります。まず期限までに申し込みが必要なこと、そして人数制限があることです。これだと決めても、申込期限が過ぎているものもあります。そして主催者に連絡をとると、定員に達したと言われる事が多々あります。内容によっては、かなり早いタイミングで定員に達するものもあり要注意です。キャンセル待ちができる場合もありますが、参加を決めたら早めの連絡が鉄則です。公共機関主催のイベントですので、子供と楽しく遊んだうえ、一泊食事付きでも格安の費用で参加できます。いつも苦労する工作や自由研究も、これでまかなえます。

今までに我が家で参加したものを挙げてみます。

親子生き物観察教室
(和歌浦、
四季の郷公園、
和歌山市立少年自然の家
磯の生き物や植物の観察会です。
親子釣り教室(串本)
堤防からの釣りを実体験できます。
クワガタ虫の採集
和歌山県立白崎青少年の家
夜中にクワガタ虫を捕りにいきました。
科学ライブ
和歌山市立こども科学館
テーマを決めて実験を行います。毎月開催しているようです。
プラネタリウム星空散歩
和歌山市立こども科学館
普段の子供向けではなく、科学館の方の解説付きで季節にあったものを上映してくれます。
夏休み工作教室(和歌山市)
木でパズルを作りました。昨年の宿題は、ここでまかないました。
和歌浦の水質検査(和歌山市)
自由研究にもってこいの内容でした。

みなさんも、夏休みに子供さんにねだられた時のために、イベントの参加を検討されてはいかがでしょうか。

2011/07/20 Posted by Y.K.