紀陽情報システム株式会社

コラム

男子 厨房に立つべし!!

最近、料理(晩ごはん作り)が、私の趣味になりつつあります。元々、学生の頃から料理をする方だったのですが、ここ最近は特に頻度が増しています。(料理を始めたきっかけは、「女の子にモテたい!!」という非常にピュアな動機に基づきます。)会社のノー残業デーを利用したり、土曜日や日曜日の夕方、キッチンに立って料理をするのが楽しくて仕方がありません。いやいや、料理を作る前に冷蔵庫の中身を確認して「今日のごはん何にしようかなー」と考えているときから、なんだかワクワクしています。まるで料理を覚えたばかりのラブラブ新米主婦のようです。

よく男性が料理をすると、「コストが高くつく」だとか「後片付けをしない」といったことを耳にしますが、そんなことは言わせません。「特別じゃないけど(冷蔵庫にあるものを使って)美味しいものを作る」「使った包丁やフライパンをキレイに洗って片づけるまでが料理だ」をモットーとしています。メニューはたいして凝ったものは作ら(れ)ないのですが、40代に近づきつつある年齢のせいか和食、特に煮物が多いです。

写真:鯛のあら煮最近作ったなかで家族に好評だったのは、

  • 鯛のあら煮(鯛あらはスーパーで意外と安く手に入ります)
  • 鶏肉の南蛮漬け

といったところです。
(写真:鯛のあら煮)

ところで、料理とSEの仕事ってなんだか似ていると思いませんか?


家族に食べたいものを聞く
要件定義
メニューを決め、材料を揃える
論理設計
準備・下ごしらえをする
物理設計
料理をする
プログラム作成
味見をする
検証
テーブルに並べる
納品
家族に食べてもらう
お客様にシステムを利用して頂く
「美味しい」と言ってもらう
お客様に良い評価を頂く
「また作って」と言われる
次の商談・受注に繋がる

写真:鶏肉の南蛮漬け
たぶん私は、根っからモノづくりが好きなんでしょう。と言っても実際は、こんな難しいことを考えながら料理をしている訳ではなく、趣味と実益を兼ねて、また日々のストレス解消に、ただひたすら楽しみながら料理をしています。ごく稀に失敗をしてストレス倍増!!というときもありますが・・・。当面の目標は、「もっと手際よく(作っている途中も)キレイに料理できるようになる」「魚をビシっと3枚におろせるようになる」ことです。
(写真:鶏肉の南蛮漬け)



さて、このコラムをご覧の男性諸氏、奥様や彼女、家族に思い切って手料理を振る舞ってみませんか。きっと「料理って意外と楽しい」と思うはずです。そしてそして、奥様や彼女に惚れ直されること、家族に見直されること間違いなしです!!

2013/07/25 Posted by T.S.

掲載する写真は、文章と一緒に寄せていただきました。