紀陽情報システム株式会社

コラム

民泊

最近、出張などで『ホテルの予約がなかなか取れない』という話をよく耳にします。海外からの観光客の増加による影響でしょうか。そんな中、ホテル不足の切り札として、民泊が注目を浴びているようです。親戚や友達の家に宿泊する事も広義では民泊ですが、今回は以下の定義とします。

民泊

ホテルや旅館などの宿泊施設の代わりに、一般家庭などが空き部屋などに有料で旅行者を宿泊させること。
(出典: 知恵蔵2015)

スーツケース 私は民泊経験が過去に二度あります。一度目は学生時代に、ヨーロッパを旅行していたときです。ハンガリーの空港で宿泊先を探していた際、個人宅という選択肢もある事を知り、行ってみることにしました。宿泊先は一人暮らしの老婦人のマンションで、空き部屋を提供してくださいました。セキュリティ上、女性限定で宿泊者を募集しているとの事でしたが、見知らぬ外国人を一人で受け入れるのは、とても大胆な事だと思います。私にとっては、現地民の暮らしぶりが垣間見えて、良い経験になりました。


二度目は、香川県の直島へ旅行に行ったときです。元々、宿泊施設が少ない島で、連休の中日という事もあり、どこも満室でした。車中泊の覚悟を決めて島内を散策していると、広場でBBQをしていたご家族のご好意で、自宅で経営しているバーに、一泊二千円で泊めて頂ける事になりました。ドリンク飲み放題に加えて、車で島内を案内してくださり、とても満足できる結果となりました。

最近、個人が空き家・空き部屋を使い、旅行者などを泊めることで収入を得る民泊ビジネスが、世界的に広がりを見せています。そのマッチングサービス最大手が、Airbnb(エアビーアンドビー)です。Airbnbでは、部屋を提供するホストと、部屋に泊まるゲストの仲立ちをする形でAirbnbが間に入り、その手数料収入で運営されています。このサイトで「和歌山県和歌山市」で検索してみたところ、登録されているお宅がいくつか出てきました。希望があれば農業体験もできる、といった触れ込みがあるものもありました。とはいえ、注意しなければならないのが、有料の民泊は「営業」に該当するのであれば、旅館業法による営業許可が必要となり、「反復継続ではない」「事業性が低い」等の条件を満たす必要があるようです。その他にも、安全性の確保、近隣トラブルの回避など、クリアしなければならない課題は多々ありますが、民泊が地域の活性化に繋がり、地方が元気になればいいなと思いつつ、今後の動向に注目していきたいです。みなさんも一度、民泊を経験してみませんか。

2016/10/28 Posted by M.H.