紀陽情報システム株式会社

次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」

紀陽情報システム株式会社は、社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成27年4月1日から平成30年3月31日まで

2.内容

<目標1>計画期間内に、育児休業取得状況を次の水準以上にする。

女性社員・・・取得率を90%以上とする。
男性社員については特別休暇第11号(妻の出産)の取得率を90%以上とする。
(対策)
平成27年4月〜 現状把握、検討開始
平成28年4月〜 両立支援制度を周知するため、セミナーを開催

<目標2>計画期間内に、年次有給休暇取得率を、毎年、前年度実績を上回るよう取組を行う。

(対策)
平成27年4月〜 現状把握、検討開始
平成28年4月〜 各部署において年次有給休暇の取得計画を策定する
平成29年4月〜 社内掲示板などでキャンペーンを行う

<目標3>計画期間内に、全従業員の平均月時間外労働時間を40時間未満まで下げ、40時間未満の状態を少なくとも計画期間終了直前1年間以上維持する。

(対策)
平成27年4月〜 社内の希望の把握、検討開始
平成28年4月〜 各部門責任者が、当該部門の現状を把握し、管理できる仕組みを設計
平成29年4月〜 全従業員の意識啓発のため、セミナーを開催
以上