紀陽情報システム株式会社

商品紹介

■課税事務処理の効率化を支援する「TOMAS−11(課税原票管理システム)」

課税資料をイメージ化することで、作業効率の向上、作業時間の短縮、オフィスの省スペース化、迅速な住民サービスを実現します!

「TOMAS−11(課税原票管理システム)」は、地方自治体にとって重要な課税業務を効率化するため、確定申告書・給与支払報告書などの各種課税資料の整理、保管、閲覧など事務作業のデジタル化を支援するシステムです。
課税処理で発生する各種課税資料をイメージ管理し、原票によらない事務作業を行うため、今までは多大な労力を要していた事前作業の大幅な軽減や作業時間の短縮、モニタ画面でイメージ検索を行う迅速な問合せ対応業務、原票を倉庫へ一括保管することによる事務所の省スペース化などを実現しました。
また、課税業務を円滑に遂行するための多くの機能も用意しています。

TOMAS−11課税原票管理システムは、課税業務で発生するさまざまな問題を解決し、先進的な電子自治体を推進するための数多くのソリューションを提供します。


■課税資料の事務処理フロー

課税資料の事務処理フロー図

  • 事務作業の省力化
    課税資料(確定申告書、給与支払報告書、市民税申告書など)をスキャニングし、イメージ管理することで原票管理のために必要な仕分、ナンバリング、並べ替え、台帳綴じなどの処理時間を大幅に削減します。また、時間がかかっていた資料併合も不要となります。
  • 効率的なエラー修正
    ホストからエラーデータを取り込み、修正入力はモニタ画面の課税資料イメージを見ながら行えますので、原票を持ち運ぶ手間を省き、作業効率が一段と向上します。
  • 事務所の保管スペース削減
    イメージ化された原票は倉庫に一括保管できますので、事務所内にキャビネットなどの保管スペースが不要となり、省スペース化を推進します。
  • 作業時間の制約を開放
    ホストに依存しない独自のサーバ管理により、ホスト停止時にも検索・閲覧作業が行え、時間外、休日など時間の制約を受けずに業務を実施できます。
  • 迅速な問合せ業務
    住民からの問合せに対し、必要な課税資料イメージの高速検索と複数の書類を表示できるマルチ表示機能により、原票を必要としない迅速な対応ができ、住民サービスの向上が図れます。
    また、税務署への資料提出や、所得証明時の給与支払者確認にもイメージを活用することで迅速に対応できます。

■システム構成

システム構成図

■システムの特長
  • 豊富なノウハウを結集したイメージ入力システム 
    永年培われたジェイエスキューブ社のOCR処理及びイメージ入力の技術を駆使し、簡単な操作で高品質なデジタルイメージを採取できる高速カラースキャナをご用意しており、効率の良いイメージ入力が可能です。 これにより、紙資料はデジタルイメージ化され、電子媒体と紙媒体を統合管理できます。
    また、オプションの給報パッケージで給報読取も可能です。
  • 給報データの統合管理
    事業所からの給報データ(MT、MO、FD)も他の課税資料イメージと同様の管理を行えます。
    TOMAS−11では、紙資料はデジタルイメージ化し、電子給報(MT給報)もイメージファイル形式に変換することで、紙とデータの統合管理を提供いたします。
統合管理図

  • 既存の税務システムとの連携
    TOMAS−11は既存の税務システムに課税資料イメージの資料閲覧・ホストオンライン連携検索機能を提供します。税務システムのデータと課税資料イメージを同一端末で確認することで課税業務の効率化を図ります。
    • ホストオンライン(エミュレータ)の賦課画面など年度、個人コードが表示された状態でエミュレータのボタンなどを押下した際に自動的に該当住民の資料の検索を行い、その結果を表示します。
    • この検索を行う場合、あらかじめ資料閲覧アプリケーションを起動しておく必要はありません。アプリケーションが起動されていない場合はエミュレータのボタンなどを押下された時点で自動的にアプリケーションが起動→検索→結果の表示までが行われます。
    • ほとんどの場合、年度及び個人コードが表示されている画面であればホストオンライン側を変更することなくこの機能を使用していただくことが可能です。(弊社側での事前設定は必要)
資料閲覧図

  • バーコードの採用
    補記シールにバーコードを印字することにより、仕分けを不要とした振分けが可能となります。
    万が一、補記シールを使用していない場合でも、帳票右上にあるIDを認識することにより先頭ページの判断を可能とします。
    ※但し、旧帳票が混じっている場合にはIDが付いていない為、職員の方でセパレートを切って頂く作業が発生します。
バーコード利用図

  • 低価格なパッケージ・ソフトウェア
    システムの共通部分をパッケージ化し、ユーザ毎のカスタマイズを最小限に抑えると共に、資料毎の項目設定をパラメータ化することで、低価格なパッケージ・ソフトウェアとして提供いたします。
■お問い合わせ

紀陽情報システム株式会社 営業部
〒640-8392 和歌山市中之島2240  Tel:073-426-7538 FAX:073-422-0785
営業部へのお問い合わせ

■開発元

株式会社 ジェイエスキューブ
関西支店:〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-3-24(サムティ新大阪ビル)
Tel:06-6301-7450(代) FAX:06-6301-7456
E-mail:inq-jsci@j-scube.com URL:http://www.j-scube.com



  • TOMAS−11は、株式会社ジェイエスキューブの商標または登録商標です。
  • 記載内容は発表日現在のものです。その後将来の製品改良等により内容が予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。