紀陽情報システム株式会社

研修制度について

KJSでは、「どこでも通用する人材の育成」を目指しています。KJSという会社の枠を越え、広くマーケットからも評価される人材に育ってほしい!という強い思いのもと、新人研修では、コンピュータ技術に関する研修だけでなく、ビジネスマナー研修やコミュニケーションスキル研修なども取り入れています。

技術研修については、未経験者であることを前提に、基礎から学習できる約3ヶ月間のカリキュラムを準備しています。経験のない分野にとまどうのは当然で、研修の専門家による指導(新入社員研修)や先輩のマンツーマンフォロー(指導員制度)などで、みなさんを着実に育てていきます。


研修制度

1.新入社員研修について
  • 現在、研修期間は3ヶ月
  • 本社に講師を招いての研修や先輩社員による指導、また大阪に通勤しながらの研修があります。
  • 研修内容は、マナー研修や各種オリエンテーション、コンピュータの基礎、設計・アルゴリズム、各種プログラム言語等の技術研修など、非常に豊富なカリキュラムとなっています。
    講義形式の研修だけではなく、それぞれが発表者となるプレゼンテーション研修、グループ研究やグループ開発も取り入れています。これらは、SEに必要な技術力はもちろん、社内の同僚・上司とうまくコミュニケーションができること、またお客様に納得していただけるプレゼンテーション能力を養成するためです。
    発表当日は、役員・部長はじめ社員も参加します。
新入社員研修風景




2.OJTについて
  • 3ヶ月の研修終了後から翌年3月までの9ヶ月間を、OJTとしています。
  • それぞれ所属する部署で実際の業務を行います。その内容は部署によって異なりますが、簡単なプログラムの作成からテスト、先輩の補助などを通して、まずはプログラマとしての技術を実践で修得します。ミーティングなどにも参加し、徐々に難易度の高いプログラムを担当するようになります。
OJT風景




3.指導員制度について
  • 入社してからの1年間、主に2年目の社員が指導員となり、新人社員をマンツーマンで指導します。
    また、新人、指導員それぞれにリーダーを決め、さらに新人3名に対して1名のオブザーバー(ベテラン社員)が全体をサポートします。
  • 研修期間中は毎日、OJTに入ってからは週に一度、新人社員はメールやノートにその日の報告をまとめ、それをもとに指導員から直接アドバイスを受けます。