社長メッセージ

当社は、地方公共団体様や金融機関様の基幹システム、およびその周辺システムの開発をメインとしているシステム会社です。
2019年度からは当社株主でもある紀陽銀行様の、お取引先様が抱えるシステム課題に対応すべく、紀陽銀行様と歩調を合わせ「ITコンサル」業務の展開も始めました。

これからも当社は、システム開発、およびITコンサルの業務で得た強みを活かし更なる成長を目指してまいります。しかし、我々の業界を取り巻く環境はダイナミックに変化しており、これまで得たスキルや経験に安穏としていては永続的な存続は困難と判断し、 こうした環境変化の中を生き残るために、当社の将来像を明確にした中期経営計画を2019年度よりスタートしました。

将来も「公共と金融のフィールドで圧倒的な強みを発揮する」とともに「新たなフィールドでの収益の柱を確立する」ことを目指し、目標達成のためにAI、クラウド、RPAなどといった、新しい分野で高度なスキルを持った人材の育成を進めます。

AIの分野では、紀陽銀行様、和歌山大学様と連携協定を締結し、紀陽銀行様が持つ匿名化されたビッグデータを活用したAIの研究を、当社社員も参画し、和歌山大学システム工学部様で行っています。 また、その他の分野においても、先進大手企業様へ当社社員を派遣しています。派遣によって得た高度な技術とスキルを社内に展開することで、会社全体の成長を目指します。

当社は、これらの活動により、さらなる強く厚い人材集団となり、必ずや次のステップへと成長してまいりますので、これからも変わらぬ御支援、御愛顧を宜しくお願い申し上げます。

紀陽情報システム株式会社
代表取締役社長