一覧を見る

INTERVIEW

とにかくアットホームな社風が魅力的です。

紀陽システム1部

中濱 裕己

2010年入社

仕事内容

紀陽銀行におけるバンキングシステムの保守開発

現在は、紀陽銀行のバンキングシステムの保守開発をしています。普通預金や定期預金など預金業務を中心に、ATMやバンキングアプリであるキヨスマ!などの非対面チャネルを担当しています。具体的な仕事内容として、キヨスマ!の開発を例に挙げます。
まず、企画部署から「YY年のMM月を目途に、キヨスマ!に○○な機能を追加したい」という要望がきます。
その要望に対して、①技術的な面での実現有無、開発期間の妥当性、開発人員の確保など、実際に機能開発を行う前に様々な準備(見積もり)を行います。そして、いざ開発準備が整うと②企画部門と詳細な要望の整理(要件定義)をし、合意形成を得ます。その後、開発着手に至ると、③案件について進捗管理などのマネジメントを行います。
上記の通り、私は現在では実際にプログラムを作ったりすることはなく、①~③のようなSE業を実務としています。

SCHEDULE

1日のスケジュール

  • 8:00

    出社、メールチェック、スケジュールチェック

  • 9:00

    担当案件のスケジュール確認や調整

  • 10:00

    企画部門と案件打ち合わせ①

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    プログラムやテスト結果の検証

  • 16:00

    企画部門と案件打ち合わせ②

  • 18:00

    退社

入社を決めた理由

出身地の活性化

志望動機は和歌山の企業であるためです。私は、大学生時代は京都で生活しており、当初、東京や大阪などの大都市での就職を考えていました。近年、和歌山県の若年層の他府県流出が拡大し、県の人口が減少してきており、過疎化が進んでいます。就職活動を目前に迎えた私は、この状況に胸が苦しくなり、出身地である和歌山で働き、和歌山の活性化に少しでも貢献したい、と次第に思うようになり、Uターンという形で当社に入社しました。しかし、和歌山県の企業ならどこでもいいというわけではなく、金融や公共など多方面でビジネスを展開するKJSに魅力を感じたためです。

KJSはこんなところです

アットホームな社風

とにかくアットホームな雰囲気です。自部署内での空気は、いい意味で上司部下の距離感も近く、普段から冗談を言い合うほどです。また、同世代などの横のつながりについても、頻繁に飲み会を開いたりするなど、非常に仲が良いです。社員数が300人程度ということもあり、自部署内だけではなく、他部署の社員についても顔見知りばかりです。食堂で会えば昼食をともにしますし、廊下で会えば立ち話もします。このように、とにかくアットホームな社風が魅力的です。

休暇の過ごし方

趣味の時間

休日は趣味に時間を費やしています。私の趣味は、スポーツ観戦と洗車です。スポーツ観戦については、特に野球が好きでプロ野球や高校野球を観戦するため、甲子園球場や京セラドームに足を運んでいます。最近では野球以外にもJリーグの観戦にも行き、趣味の幅が広がってきました。スポーツ観戦する日以外の休日は、とにかく洗車をしています。時間があれば自身の車とバイク、妻の車をきれいに洗っています。

海外研修

海外研修について

毎年、会社のイベントとして海外研修を実施しており、設定したテーマのもと海外企業の視察を行っています。
今年、中堅社員を代表して私が選出され、3泊5日でベトナムへ行かせていただきました。テーマは「オフショア開発の現場」です。オフショア開発とは、システム開発を海外の現地法人などに委託することを指します。
主な目的は発注側と受注側の経済的格差によって生じるコストメリットです。簡単に言い換えると、日本企業に開発を委託するよりも人件費の安い海外の企業へ委託する方が低コストで開発できるということです。
その人件費の安い海外のうち代表格がベトナムとなります。ベトナムの企業訪問をし、1番印象的だったことはベトナム人のバイタリティの高さです。知識や技術習得に対する向上心が非常に強いと感じました。
ベトナムは平均年齢が30歳と非常に若く、2018年GDP成長率が7%という数字からもわかる通り、今後も著しい経済成長が期待されています。これらを裏付けるかのように、とにかく活力がみなぎっていました。
ベトナムでの企業視察を通して、彼らの働く姿勢や前向きな思想に触れ、確実に私自身のモチベーションは上がりました。今現在、自分が置かれている状況の中で、何を目標にし、何をしていくべきか、ということを再認識できる機会であり、非常に刺激的でした。

主な経歴

  • 2010年4月

    入社。金融システム1部に配属。OJTにて高石市行政システム導入プロジェクトを担当。

  • 2010年12月

    紀陽システム1部に異動。勘定系業務システムの保守開発を担当。

  • 2012年4月

    紀陽銀行紀三井寺支店へ出向。営業店にて銀行業務を経験。

  • 2013年4月

    紀陽銀行紀三井寺支店への出向解除。紀陽システム1部にて勘定系業務システムの保守開発を担当。

  • 2016年4月

    紀陽銀行事務システム部へ出向。システム担当として勘定系業務システムの保守開発を担当。

  • 2019年4月

    管理職へ昇格。事務システム部システム担当のリーダーに就任。

その他の社員を見る

一覧を見る

ENTRY

新卒採用エントリーはこちら!

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせ
フォームはこちら

073-432-7581

073-432-7581